2014年12月28日

残り物で福を呼ぶ?正月寄せ植え

今年こそは…の決意も虚しく、またしてもブログ更新の間隔があいてしまいました。
ハタと気づけば、もう年末。慌ただしく掃除して注連縄を替えたり、玄関に正月用のお飾りを飾ったりとバタバタしていました。
そんな中で、今年は自治会の「年末生け花教室」に申し込みしそびれたので、自分で何とかしないと…ということで材料調達に。
生け花用の切花を買うつもりだったのですが、まだまだ元気でツヤツヤしたハボタンなどが見切り処分になっていたのを見つけてしまい、急遽予定変更!玄関に飾るお正月っぽい寄せ植えを作ることにしました。

見切り品については、以前に【見切り品は、「買い」ですか?】という記事を書いたことがありますが、今回の苗は「年末で早く片付けてしまいたい」というパターンなので、即買いでした。
寄せ植え 使った材料はカルーナ、バラ咲きジュリアン、ハボタン「ルビーナイト」と「プラチナケール」など。
現在、我が家の資材置き場は雪に埋もれているので、鉢と培養土は百均で間に合わせました。
仕上げに正月用のピックを飾って出来上がり。

松竹梅でもないし、色合い的にはやはりルビーナイトの色が強かったですが、陳列された材料の数も乏しい中で予算をはるかに下回る価格で作ることができたので良しとしますか…。

クリンカアッシュ 
ところで今回使用した百均の培養土、主材はココヤシピートとクリンカアッシュでした。
これまで使ってきた培養土にクリンカアッシュが配合されていたかどうかは未確認ですが、この大きさでは見たことがないと思います。
水はけは良いように感じましたが、この時期は乾湿が激しくないので、オンシーズンにもまた試してみたいと思っています。

さて、2014年も残すところ、あと3日。
これからこの秋に導入したホームベーカリーでお餅をついて、お年越しの準備に励もうと思います。
posted by 庭主 at 15:27| Comment(0) | 花・緑・庭

2014年10月09日

赤い実は可愛いけれど…

メギの実 
今日は、絶好の庭仕事日和。
宿根草の切り戻しやら鉢物の整理、雑草取りなど、やることはたくさんあります。
そんな中で、メギに赤い実がなっているのを見つけました。
メギ(Berberis thunbergii)はカラーリーフを楽しむために2種類植えていますが、黄金葉の ‘オーレア’ と紅葉の方は確か ‘ローズ・グロー’ だったはず…。
画像は、その紅葉の方です。
細長い赤い実はとても可愛らしいのだけど、メギといえば痛いトゲが玉にキズ。
コトリトマラズとか、ヘビノボラズなどという別名があるくらい。
でもその特徴を活かして、ヒイラギのように生け垣に使ったりもするようです。
耐寒性のある落葉低木で、剪定も伸びすぎた枝の切り戻しや不要枝を除く程度なので、あまり手間はかかりません。
時折、作業中にトゲで引っかかれることさえなければ、もっといろいろと使いたいのですけど…ねぇ…。
posted by 庭主 at 13:46| Comment(0) | 花・緑・庭

2014年09月21日

原種シクラメン

シクラメン・ヘデリフォリウム 
先週、「たねダンゴ花壇お披露目イベント」に出かけようとした時、風除室に置いた鉢植えのシクラメンが開花しているのに気づきました。

これは昨年秋に大槌で剪定教室をした際に、講師の野田坂先生から分けていただいた原種シクラメン・ヘデリフォリウム(Cyclamen hederifoliumの花です。 

原種系は耐寒性が強いので岩手の庭で地植えしても大丈夫だそうですが、多湿で球根が腐ってしまうこともあるということでしたので鉢植えで管理していました。
上手に管理すれば、10年を超えて生きるものもあるのだとか。
いまはまだ小さい株なので3号鉢で充分ですが、花後に出てくる葉っぱを大切にして球根を太らせないといけませんね。
球根が大きくなったら、休眠期の6〜8月頃に鉢増しの予定です。

※一般的なシクラメンについては…ガイド記事【シクラメンを楽しむ】
posted by 庭主 at 16:13| Comment(0) | 花・緑・庭

2014年09月08日

コンテナ寄せ植え作業

9月5,6日と沿岸被災地を訪れ、花壇の様子を確認したり作業活動を行ってきました。
震災から間もなく3年半、継続支援している陸前高田のフラワーロードはマリーゴールドとサルビアが沿道を彩っています。
同じく陸前高田の森の前は、今年の11月には嵩上げとなり、この花壇も無くなってしまいます。とても残念だけれど、これも復興の証。また別の場所で、花を咲かせましょう。

フラワーロード
 森の前花壇

6日は、大槌町の三陸花ホテルはまぎくでの活動。
若いボランティアさん10名を引き連れ、デッキに配置するコンテナ寄せ植えの指導を担当しました。
大型コンテナの底には、軽量化のため底石の代わりに砕いた発泡スチロールを詰めます。
コンテナ寄せ植え 
この発泡スチロールを砕く作業では、大いに日頃の鬱憤を晴らしていただきました(笑)。
ストレス発散したところで、やさしい気持ちで寄せ植え作りに入ります。
この日はガーデンデザイナーの二宮さんセレクトの植物で、赤い千日紅を中心に、カラーリーフのアルテルナンテラとカリガネソウ、千日紅のピンクと紫を周囲に配置しました。

…と、ここでポイント。
今回の作業に限らず他の花壇などでも経験しましたが、
「これって、このまま植えるんですか?」
という質問が、意外とよくあります。

花ホテルのテラス 普段ガーデニングや園芸に親しんでいる方には考えられないことかもしれませんが、「植える前に必ずビニールポットから苗を抜いて植え付ける」ということをお話しないと、後で見回ったときにポットごと植えられていて瀕死の状態になっている苗を発見することになります(汗)。

ということで、今回は皆さんの頑張りで大きな寄せ植えが5ポット完成!…したのですが、この後他の作業を手伝いに行き、写真を撮るのを失念(悲)。
作業開始時の荷物運びの段階で道に迷ってしまったり(迷路状態なのです)もしましたが、彩りを添えるお手伝いが少しはできたかな?と思っています。

なお二日間の活動は、Green Fieldsのブログにもアップしております。
posted by 庭主 at 08:40| Comment(0) | 花・緑・庭

2014年09月03日

秋の気配

シュウメイギク お盆だ何だと言っている間に、あっという間に9月!
ブログもすっかりサボってしまいました。
というわけで、久しぶりの庭花画像はシュウメイギクの花です。
今年は徒長もせず、程よい高さで咲いてくれました。
まだ気温の高い日もあるけど、庭はもう秋の気配ですね。
posted by 庭主 at 15:49| Comment(0) | 花・緑・庭