2013年06月30日

つれづれ旅日記・2

【二日目】
1014276_471889669559164_1619168318_n.jpg昨夜はぐっすり…と言いたいところでしたが、エアコンをつければ寒い、消せば暑いという何ともビミョーな夜でして…まあ、一応は寝ましたけど。
せっかくの温泉なので寝起きに一風呂浴びまして、しっかりと目は覚めました。
朝食はFBにアップした画像になりますが、朝からガッツリいただきましたよ〜。

130625_442.jpgさて、この日は諏訪湖で遊覧船に乗ろうか、それとも近辺の美術館でも行ってみようか…と思ったのですが、ちょっと足を伸ばして八ヶ岳倶楽に行くことになりました。
上諏訪からは、車で一時間ちょいです。
お天気も上々で、散策日和。ギャラリーやショップもゆっくり見ることができました。
昨日のバラクラもでしたが、ここでも入れ違いで団体さんが見えたようです。
130625_483.jpg130625_493.jpg

130625_522.jpg帰りは、小渕駅でレンタカーを返却して電車に。季節外れのサンタクロースに見送られて、東京に戻ります。
そうそう、道の駅で「おやき」を買おうと思ったら、コチコチの冷凍しか見当たらなくて…言えばレンチンしてくれたのかなぁ?
でも、駅隣りの売店で買えたので、結果オーライ。

【お台場】
さてさて、今回は何と言ってもツレ連れの旅ですから、そちらのご要望も入れなくては!ということで、お台場です。
もちろん、目的はガンダム参拝ですね。その前にホテルにチェックインして、身軽になってから…。
東京でホテルに泊まるなんて久しぶりなわけで(つっちー、いつもありがとう♪)、食事はその辺で摂ればいいからとスーペリアツインを格安で予約しました。一日目のお宿は食事が凄かったけど、こちらはお部屋が凄かったです〜!\(^-^)/
130625_599.jpg130625_668.jpg部屋で荷物を降ろし、あちこちカメラに収めつつ、ガンダムに会いにダイバーシティへ移動しました。
ガンダムの前で、何か通せんぼしている鳥さんがいましたが、気にせず撮影…(^^;

130625_692.jpgこの後、ガンダムフロントに行き、夕食後に再びガンダムの前に。ライトアップされたガンダムと、壁面映像を楽しんできました。

おしまいは、ホテルの部屋から撮影した夜景です。
posted by 庭主 at 07:56| Comment(0) | 雑記帳

2013年06月28日

つれづれ旅行記

二泊三日で、小旅行を楽しんできました。
今回は、かねてから行きたいと思っていながら、なかなか行けなかった所をめぐる旅です。
梅雨時期でもあるし花の見頃を考えると、もう一週間ほど早く出かけたいところでしたが、諸々あって24日出発となりました。
おおまかなスケジュールと宿泊先だけは事前に押さえておいたのですが、その他は直前にバタバタと…まあ、いつものことですが。…(^^;
ということで、旅先で撮ってきた画像を一部ご紹介です。

130624_014.jpg【一日目・長野】
まずは一路、長野の茅野駅へ!と言っても、一旦東京に出て乗り換えだったので、「一路」っていう感じではありませんでしたが…。
画像は、茅野駅前にあった立派な藤の木。側には、姥塚古墳の石碑がありました。

130624_018.jpgここでの目的地は、「蓼科バラクライングリッシュガーデン」です。
ナビをセットして、レッツドライブ!駅から2〜30分ほどで到着しました。
最も華やかなバラクラフラワーショーは23日に終了、24日からはクラシックローズウィークスに入ります。
事前にコンビニのマルチコピー機で購入しておいた前売り券で入場。
平日にもかかわらず、結構お客さんが入っていました。
130624_048.jpg130624_101.jpg
園内では脚立を使ってつるバラの剪定をしている方の姿を見かけました。
昨日、一昨日と、かなり雨に降られたのだそうです。
そんなわけで(?)上右・貴婦人の像の前に、ワサッと剪定後の枝が積まれていました。でも、なぜそこに?(^-^;
130624_153.jpg130624_212.jpg
それでも植栽の豊かさはすばらしい!コニファーも芝生も、緑が美しいです。
130624_322.jpg一時間半ほど散策して、おやつタイムに突入。
ケーキは、ショーウィンドウの中でひときわ目を惹いた「ヴィクトリア」をチョイス。フルーツとナッツたっぷりの食べごたえのあるケーキでした。
ケーキを堪能している間に、雨が降り出してしまいました。一時は本降りに…。ガーデンショップなど、もう少し見たかったのですが、駐車場に戻ってこの日の宿泊先を目指すことにしました。

【諏訪湖畔】
宿泊先は山の緑に囲まれた別荘地にしようか迷ったのですが、諏訪湖畔の温泉ホテルにしました。
諏訪市を目指すうちに雨も止み、途中で「高島城」に立ち寄ってみました。
このお城は、明治時代に取り壊し命令(?!)が出されて無くなってしまったものを、昭和に再建したものだそうです。
お堀端には柳と桜。春の花の時期は、さぞかしきれいでしょうね。
お堀では、ここの番人(鳥)でしょうか、のんびりお昼寝中でした。
130624_392.jpg130624_402.jpg
この後、ホテルにチェックイン。ゆっくり温泉につかり、食べきれないほどのお料理に舌鼓。
満腹状態でマグロかトドのように布団に横になりました(^^;
posted by 庭主 at 22:01| Comment(0) | 雑記帳

2013年04月13日

白黒つける?!

しばらくぶりのブログ更新が、花の話題でないのも何ですが…。
先日買ってくまモンVSしろくまきたインスタント麺、なかなか食べる機会がなかったのだけど、生麺切らしたのを幸いに、食べ比べを敢行。
くまモンの方は、熊本とんこつラーメン
白クマは札幌円山動物園コラボの塩ラーメンです。

くまモンVSしろくま裏は、白クマの方が細部にまでこだわったパッケージですね。

くまモンは茹で時間2分半、白クマの方は麺が例の生麺っぽいインスタント麺のせいか、茹で時間4分半と長めです。

インスタント麺さて、小鍋を2つ用意して、時間差で麺を茹でます。
左がくまモンで縮れ麺。右が白クマ。
途中で麺をほぐし、茹で上がったら添付のスープを加えます。
くまモンは粉末、白クマは液体スープと、スープも白クマの方がリッチ感あり?

完成〜♪
買い出し前日なので、トッピングは卵とカニカマ、海苔とシンプルです。
ネギが見えないのは、家人がネギ嫌いのため…。
シェアして食べ比べるので、今回はネギ抜きです。
ということで、いただきま〜す♪

熊とんこつラーメンふむふむ…まあ見た目通りと言いますか…。
まず、くまモンの方は麺の縮れ具合といい、味といい「ああ、そうそう、インスタント麺ってこんな味だったよね!」という感じ(普段滅多にインスタントラーメン食べないので…)。
スープも、うん、とんこつと言われればとんこつね。

白クマ塩ラーメン白クマの方は、生麺に近い感じにできていますが、食べ始めやや麺が固めだったかなぁ?食べ終わり頃でちょうどいい感じになりました。一人で一食完食なら、もうちょい長めに茹でてもいいかも(好みですが)。
スープは口に含んだ時、まず真っ先に脂を感じてしまいました。
塩スープだしカロリーもこっちの方が低いのにね…。
味の方は表示の水の分量では、私にはちょっとしょっぱめでした。
全体的には合格点だと思うけど。

で、白黒ついたか?という話。
くまモンの方は、どこか懐かしい、安定のインスタントラーメンの味。
白クマは、ちょい進化形のインスタント麺だけど、まだ改良の余地ありっていうところで、勝負はドロー。
私はやっぱり、生麺派だわねー。
posted by 庭主 at 15:14| Comment(0) | 雑記帳

2013年02月11日

沖縄旅行・3日目

朝の喜瀬ビーチいよいよ二泊三日の沖縄旅行最終日。今日も観光てんこ盛りです。
実は今回のツアー大人気だったそうで、同社で同じ観光地を周るバスが、なんと6台!ということで、混雑緩和のため、予定していた行程の順番が変更に。
すごいですよね、単純計算で40名×6台で240名が大移動してるんですから。飛行機が大きかったのも頷けます。

御菓子御殿
御菓子御殿ということで、本日1箇所目は昨日行けなかった御菓子御殿。紅芋タルト発祥だそうです。カッコンカッコン、ラインに乗って包装されていくタルトたち。一体何個のタルトたちが海を越えて行くのでしょうか。
皆さん、試食とお買い物に夢中だったようですけどね…。

万座毛
万座毛お次も、昨日から予定変更した景勝地です。
万座毛ビーチとか耳にしたことがあった気がして、砂浜が広がっているところかと思っていたら、大違いでした。ビーチは、万座ビーチでしたね。
今回、事前に旅行先の情報を入れていなかったので(調べたのは天気と気温だけ)、そういう意外性も良かったのかしら。
忘れてましたが、未明に雨が降ったようで、ちょっと天気がどんより気味でした。

琉球村
琉球村次なる目的地は、恩納村の観光スポット琉球村です。
昔ながらの赤瓦の民家などが再現されていて、なかなか楽しめましたよ。画像正面の建物には、大綱引きに使われる綱が収められていて、その太さにビックリ!
えっと…ハブ園の方は、遠慮させていただきました…。

沖縄名産黒糖工場
大花合歓えー、まあここも一日目のフルーツランドみたいに工場見学より土産物屋の滞在時間の方が長いという…(汗)。
工場というので、もっと大きいものを想像していましたが、意外とこじんまりと黒糖を作っておられました。
工場の脇に積まれていたサトウキビの束を撮影し忘れたのが、残念!代わりに、琉球村で皆の注目を集めていた「大花合歓」の花を。名前の通り、緋合歓の仲間です。

◎那覇ショッピングセンター
沖縄料理再び那覇に戻り、ショッピングセンターへ。名前通り、お土産品もたくさんあるのですが、目的は上階のレストラン那覇でいただく昼食です。
メインは、沖縄のおぼろ豆腐「ゆし豆腐」。ミミガーにもずく、油味噌の「アンダンスー」など、沖縄がいっぱいでした。

DFSギャラリア
ゆいレールここは大型免税店でして、ブランド品大好きな方々には申し訳ありませんが、当方まったくもって興味のない所ということで…。これこそ、オプションにして欲しかった。
なので画像は、ギャラリアから見えた「沖縄都市モノレール・ゆいレール」。観光地らしいラッピングがされた車両です。
あー、そういえばここで LeSportsacの小物入れが私のコンデジにジャストサイズだということを知りました。でも、スマホは入らなかったのよね…。

◎南部知念半島見学
ここはからは、事前オプションで頼んでいたコースです。オプションを申し込まなかった方々は国際通り散策ということで、ふた手に別れました。

新原ビーチまずは、新原ビーチでグラスボート遊覧。内陸生まれ、内陸育ちなものですから、浜辺に出ただけでテンションが上がってしまうのですが、ここもきれいな砂浜でした。
底面の一部がガラス張りになっていて、そこから海中の様子を見ることができるボートに乗り、十数分の遊覧です。

子供の頃、気仙沼大島で一度グラスボート遊覧を経験しているのですが、正直な話し海中の様子はあまり覚えていません。沖縄と比べて色味が少なかったせいでしょうか。
もう少し沖に行けばサンゴも見れるはずだったのですが、波が高くてそこまでは行けませんでした。いつかリベンジしたいですね。

おきなわワールド・玉泉洞
玉泉洞入り口いよいよ最後の観光地となりました。南城市にある観光地、「おきなわワールド」です。沖縄の古民家やハブ園があったりして、あれ?琉球村のデジャヴ?とか思いましたが、ここはここで楽しめる観光地でした。
到着後、すぐに「東洋で最も美しい鍾乳洞」と言われる「玉泉洞」へ。
戦後になって探検調査された鍾乳洞ということで、現在は890mが公開されています。鍾乳洞というと、どうしても馴染み深い「龍泉洞」を思い浮かべてしまうのですが、ここは年間通して21度とか。龍泉洞の11度と比較して、やっぱり南国だわーと実感しました。中は意外と広く開けています。時折、ピチョンと水が滴り落ちてきたり、何か(コウモリ?)の飛ぶ影が目の端を掠めたりして、探検気分を味わえます。

白へび神社鍾乳洞を出ると、すぐに熱帯フルーツ園に出るので、ここでもあまり見る機会のない植物をカメラに収め、小休止にマンゴーソフトを!琉球ガラスのショップでお土産などを品定めしているうちに、あっという間に集合時間が迫ってきました。

巳年の12年に一度しか作られないという白蛇神社を横目に、バスに戻りました。
バスは定刻に那覇空港に到着。今回のバスガイドさんは、本当に喋りも歌もお上手で、道中楽しませていただきました。皆さん別れを惜しみつつ、搭乗手続きに。

夜のため、手ブレの那覇空港さて荷物も預け、どこかで夕食を調達しようと思ったのですが、時刻が時刻だけに既に空弁も普通のお弁当すら見当たらない状態。最後の最後、搭乗口の前で、ソーキカレーを注文することができ、腹ごしらえも完了。
沖縄最後の食事にしては寂しい気もしますが、これも良い思い出になるでしょう。それにソーキカレー、意外と美味しかったです。注文した後、「レンチンかぁ…」と思ってしまったのは内緒です。

帰りの飛行機も順調に飛行を続け、無事に羽田に降り立つことができました。当たり前ですが、東京は冬でした。
ここまで、長々と書き連ねましたが、土屋さんが今回の旅行をギュギュッと4分間に縮めた動画を作ってくださいましたので、そっちの方がわかりやすかったかも?
─────────────────*─────────────────

ということで、雰囲観光地ではない沖縄の光景気のある那覇空港の画で締めたかったのですが、これを忘れてはいけないということで、最後の一枚。2日目の琉宮城のすぐ脇で撮影したものです。

ひめゆりの塔から最終日まで、折々でバスガイドさんから基地の街・沖縄について、沖縄の現状などを聞いていたのですが、今回のツアーでそれを一番実感した一枚になります。いつまでも、このままではいけませんね…。

※本日羽田までの移動距離…およそ1705Km(観光地内移動含まず) 歩数約4200歩
posted by 庭主 at 07:40| Comment(0) | 雑記帳

2013年02月10日

沖縄旅行・2日目

さて、今日からが観光てんこ盛りです。この際だから、見れるものは全部見ちゃおうと、オプションも入れていますよ。

首里城へ園比屋武御嶽石門/首里城公園・守礼門
世界遺産の一つである石門を臨み、そのまま首里城へと向います。残念ながら守礼門は補修工事中とのことで、シートが掛けられていましたが、これはこれでレアだったかもしれません。

宮殿内の庭まあ、守礼の門や首里城の画像は皆さんも目にしたことがあるかと思いますので、正殿に向かう石階段(笑)。この石段、観光客には登りにくいと不評なようですが、バスガイドさんによると敵に攻めこまれないようにわざと傾斜をつけているのだとか。

中庭も、沖縄独特の植栽です。

古宇利大橋/古宇利島
古宇利大橋お次は景勝地の古宇利島。掛けられた大橋は全長1960mだとか。風光明媚で、地元の道の駅のようなショップも味があって良かったです。
道中で見かけた、沖縄独特の様式のお墓も目を引きました。
リンク先にこの地の伝説が載っています。

OKINAWAフルーツランド
フルーツランド園内ここは、今回のツアーで一番残念だった観光地です。
滞在時間が限られているせいでしょうが、館内案内の人が立板に水のように解説(?よく聞こえないし…)しながら、どんどん先へ先へと進みます。

珍しい熱帯果樹などもあって、ゆっくり見たかったのですが、行き着いた先はお土産屋さん。戻って撮影したくとも、再入場が必要(もちろん有料)とのこと。時間もあまりなかったので、諦めました。
画像は園内の様子。右手前の模様が特徴的な植物は、ヘゴ仕立てに用いられるヘゴの木。

◎八重岳桜観賞
緋寒桜気を取り直して…、次は八重岳に緋寒桜を見に行きます。実は前日で桜まつりも終わり、真っ盛りではないとのこと。こればかりは仕方ありませんね。えっちらおっちら坂を登り、チラホラと咲いている桜をカメラに収めました。
画像は既に葉が出て、実まで結んでいた桜。

それにしても…あたりにはミツバやらインパチェンスやらが茂っていて、驚き!まあ、インパはアフリカホウセンカですからねぇ…沖縄は亜熱帯気候だし。ここにも自生のヘゴの木がありました。

琉宮城/蝶々園
モンパの木昼食は琉宮城というところで、お麩とラフテーの入ったソーキそば。とんかつとジーマミ豆腐、紅芋を使ったお菓子も添えられていました。

併設の蝶々園では、本土では見られないオオゴマダラが飼育されています。
蜜に引き寄せられて蝶が群がっているところを数カ所クリアすると、景色の良いところに出て、様々な植物も見ることができました。
画像は、モンパの木。

沖縄海洋博公園
ジンベイザメさて、本日のメインイベントです!憧れの「沖縄美ら海水族館」!駐車場から本館までは、ちょっと道程がありますが、カラフルな植栽などが癒してくれます。
水族館ですからヒトデなどを触ることができるコーナーや、珍しい魚、発光物質を持つ海洋生物など、様々な展示があります。でも、みんな目的はジンベイザメですよね。

画像はベストショットとは言えませんが、人物との比較でその大きさがわかるかと思います。巨大な水槽をゆったりと回遊するジンベイザメ…。一日ボーっと眺めている人も、きっといるはず!もちろん、私たちはツアーなので、そうゆっくりもして居れず…。

熱帯ドリームセンターというか、バスの中でガイドさんが聞き捨てならない情報を出してくれたのです。海洋公園の敷地内にある「熱帯ドリームセンター」で、ちょうど沖縄国際洋蘭博覧会が開催されていて、遺伝子組み換えで作られた珍しい「青いコチョウラン」が初公開とのこと!

青いコチョウランこれは是非とも見ておかなければと、マナティもウミガメもイルカも、チラッと見ただけで会場に急ぎ足。会場内を行き来する電気バスが、運良く無料だったので乗りたかったのですが、なかなか姿が見えず、結局歩いてたどり着きました。

展望塔と青いコチョウランを見て、大急ぎで出口に向かい、今度は無事に駐車場行きの電気バスに乗ることができました。ふ〜。
画像は…暗いところでガラスケースに囲われていたので、これが精一杯でした。

泡盛工場見学
バスは、樽仕込みで泡盛を作っているヘリオス酒造へ。
ここでは泡盛の試飲をしましたが、歩き疲れもあって、ふわ〜っとしちゃいました。

部屋から臨む、喜瀬ビーチこの後、二日目の宿泊地となる名護・喜瀬ビーチパレスに。
それなりに古いみたいだけど、オーシャンビューのリゾートホテルといった感じで、お部屋からも海が臨めてサイコー!お部屋も一日目のホテルより広々していました。エキストラベッドになるソファが置かれていたので、元々ツイントリプルなのでしょう。
荷物をおいた後、プライベートビーチを散策!

日没が近づいてきたので、レストランで夕食を頂くことにしました。
夕食はバイキングでしたが、種類も豊富でフルーツ、デザートケーキ、沖縄ブランドのブルーシールアイスもあって、満足・満足♪
…翌日に続く!

※本日の移動距離…およそ165Km(観光地内移動含まず) 歩数約15000歩
posted by 庭主 at 16:33| Comment(0) | 雑記帳