2014年06月16日

諸々お知らせ

すご〜く久しぶりのブログ更新となりました。
言い訳するならば新しい記事をアップしていないだけで、実は「All About記事一覧」などはチョコチョコ更新していたのですけれど…ええ、単なる言い訳です。
さて予てより考えてはいたのですが、このたびHPとこのブログのタイトルを「Ginga Garden」から「Flower Garnet」に変更いたしました。
だからといって、特段記事内容が変わるわけではありませんが、ほったらかしだった間に変更が生じたところなどは更新しました。
イベントが一段落したので、またここも更新できるといいなぁと思っていますが、果たしてどうなりますやら…。
posted by 庭主 at 08:28| Comment(0) | 雑記帳

2013年08月26日

大曲花火大会2013

パンフレット一度は行ってみたいと思っていた、大曲花火大会に出かけてきました。席の確保とか行き帰りの行程などを考えると、バス会社のツアーが楽チンそうということで、2ヶ月前に申し込みしたものです。
今年は各地の花火大会が豪雨で中止になったり、先日は悲惨な事故があったばかり。直前まで天気予報から目が離せませんでした。
開催日2日前くらいになって、ようやく雨マークも取れ、前日にネットで必要なものなどリサーチしてリュックに詰め込み準備完了。
当日、集合時には暑いくらいのピーカン!ロータリーにズラリと並んだ観光バスに乗り込んで出発です。ちなみにこの会社では、15台のバスが出ていました。
昼食のお弁当
芸術村の前庭

昼食は、「たざわこ芸術村温泉ゆぽぽ」にてお弁当。これから歩くことを考えて頑張って食べたけど、ちょっと残してしまいました。
食後、少し時間があったので土産物屋や前庭で時間をつぶし、再びバスに揺られて大仙市へ。満腹も手伝って、少しウトウト〜。
夕食用のお弁当午後2時頃に、駐車場着。桟敷席への誘導まで、1時間少々時間があるということだったので、バスを降りて近くの屋台などを覗いてきました。
秋田名物の「ババヘラアイス」も、辻々でたっくさん出店していました。私も一つ頂きましたが、さっぱりしていて美味しい!写真も撮ったのですが、「溶ける溶ける〜!」と大慌てで撮影したので、後で見てみたらピンぼけでした…トホホ。
午後3時半頃、夕飯用の…というかおつまみ用?なお弁当とお茶を受け取り、添乗員さんの誘導に従って30分ほど歩いて桟敷席に移動しました。
A桟敷を申し込みましたが、こちらは2畳ほどのスペースに6人入ります。下はコンパネなので、持参したレジャーシートの上に携帯座布団を敷いて座りました。

お弁当は、早めにお召し上がりくださいと言われましたが、さっきお腹いっぱい食べたばかりだし〜。でも、画像の通り、ご飯控えめでつまみっぽい物が多かったですね。ただ、全体的に味が濃い…。さつまいもは、甘々の甘露煮でした。手前の魚の唐揚げっぽいものは、やたら骨っぽかったけど何だったんでしょう?お弁当は、お昼のほうが美味しかったですね、うん…。あ、クッキーは美味しかった…って、よく見たら砂田屋のクッキーだし。
花火
さてさて、三脚のセッティング等に手間取っている間に、昼花火が始まりました!色のついた煙が見ものの昼花火のコンテストというのは初めて見ましたが、なかなか面白いものでした。ただ、席が桟敷の一番前だったのは良いとして、転落防止?の単管パイプがフレームインしてしまって、邪魔で、邪魔で…。まあ、安全対策上仕方がないことと諦めましたけど。
そして午後7時、おまちかねの夜花火開始です!
採点の基準となる標準審査玉の打ち上げの後、27団体の花火が上がります。
ドーン!とお腹に響く音、空から降ってくるような花火の大きさ、やはり迫力が違いますね!自然と「オォー!」とか「ワァ〜!!」とか歓声が上がってしまいます!

…と、テンション上げ上げだったのもつかの間、ほどなく心配していた雨が降りだしてしまいました。しかも結構な大粒でバタバタと…。大急ぎで持参の合羽を着込み、カメラにタオルを、リュックにもビニール袋をかぶせてガードしましたが、足の方は濡れてしまいました。
でも、幸い短時間で止んでくれたので、競技も続行。花火は最後まで堪能することができました。
そんなこんなで、せっかくセッティングした三脚も早々に畳んでしまったので再びセットする気になれず、あとは記録ではなく記憶にとどめることに専念しました。
花火花火
ということで、花火画像の少ない大会レポになってしまいましたが、早くも来年はどうしようかなーなどと考えている今日このごろ。
バスツアーは時間とか制約はあるものの、帰りに爆睡してもOKな点はラクですよね、やっぱり。
何と言っても、花火サイコーでしたしね。

─以下覚え書き─
◆花火大会への持ち物◆
敷物、座布団、タオル、カッパ、上着、ティッシュ、ウェットティッシュ、ビニール(レジ)袋、保冷バッグ、虫除け、懐中電灯(最後に花火職人さんへの御礼にも使う)
◆カメラセッティング◆
マニュアルモード、バルブ設定、ISO100、F値9くらい
そうそう、リモコンが必要って前日に気がつき…orz 今回はiPhone連動で、アプリのスマートリモコン使いました。

それにしても…バス駐車場の仮設トイレは増設すべき。ここが一番並んだわー。トイレ待ち一時間って…。
ちなみに花火大会会場内の仮設トイレにペーパーはありません。持ってこなかった人のために、トイレ前のテントでポケットティッシュ2ヶ100円で販売してました〜。
posted by 庭主 at 16:00| Comment(0) | 雑記帳

2013年08月09日

ぶらり会津若松・2

会津若松2ハイカラさん日目、今日は昨日堪能できなかった鶴ヶ城と御薬園のリベンジ、そして喜多方に行く予定です。
今日も駅前で1Dayパスを買い、「ハイカラさん」に乗車。まずは、鶴ケ城を目指します。
鶴ヶ城
朝一で行ったので、まだ観光客の数も少なかったです。
晴天の青い空をバックに、鶴ケ城を撮影することができました。
右下は、城内で撮影可だったところで撮ったもの。
会津若松は、ドラマ「八重の桜」人気にあやかろうというものが多かったのですが、ちょっとユニークな展示もありましたよ。
鶴ヶ城鶴ヶ城内展示
下は鶴ケ城公園内にある、福島県指定重要文化財の茶室「麟閣」です。
ご覧のとおり日差しは強かったのですが、風情のある佇まいでした。
麟閣麟閣
鶴ケ城を一巡りしおえた午前10時時点で、すでに汗ばむ陽気。観光客の数も増え始めました。
ソフトクリームで一息入れた後、バスで会津若松駅に戻って喜多方に向かいます。
もちろん、目的は喜多方ラーメン♪ 到着した喜多方も、ピーカンでした。
会津若松駅喜多方駅
駅で喜多方ラーメンMAPと観光MAPをもらい、繁華な方へとテクテク。喜多方でも周遊の観光バスはあったのですが、歩いても大したこと無さそう…と思って…。でも、何しろ暑かったので、行きくらいはバスに乗っても良かったかな?
お昼前に、有名な坂内食堂の前に着いたのですが、既に長い行列が!特にどこのお店とは決めていなかったので、手っ取り早く隣の松食堂で喜多方ラーメンをいただきました。

昼食後、蔵のあるレトロな街をぶらつくことに。昨日は七日町で「昭和なつかし館」に行ったのですが、ここ喜多方でも「昭和レトロミュージアム」というのがあって、1号館・2号館とも立ち寄ってみました。どちらも無料で、麦茶と可愛い折り紙の爪楊枝入れもいただいちゃいました♪
その中で目を惹いたのが、下の古い時計。張り紙には『何十年も眠っていた柱時計ですが 東北大震災が起きた 平成二十三年三月十一日の 午後二時四十六分より 眠りから覚めて動き始めました。』と書かれています。そういう不思議もあるのですね。
喜多方ラーメン古い掛け時計
SLばんえつ物語号
途中の和菓子屋さんで「あわ餅」を買って、SLばんえつ物語号に乗って会津若松に戻ります。
楽しみにしていたSLではモラルのない観光客に憤慨する場面もありましたが、間近で走るSLを見ることができて、テンション上がりました〜。
会津若松のシメは、昨日のリベンジ「御薬園」です。この日は終日雨に降られることもなく、堪能することができました。
ハスの背景が、昨日紅茶とお菓子のセットをいただいたティールーム、「重陽閣」です。
御薬園のハス御薬園
さて、楽しかった旅もこれでオシマイ。会津若松駅に戻って、再び電車に揺られて帰路につきました。
ちなみに、両日とも歩数計の値は16000歩ほどでした。結構歩いた気がしたんですが、乗り物に乗っている時間が多かったからでしょうね。
それにしても会津若松では、食べ物がどれも美味しくてハズレが無かったのが嬉しかったです。

あ、キミたちも、おつかれさん!
posted by 庭主 at 09:32| Comment(0) | 雑記帳

2013年08月08日

ぶらり会津若松

リラックマ&バリィさん7月27、28日と一泊二日で、会津若松に行ってきました。
2週間ほど前に、娘が「会津に行きたいー」と言うので、土日に予定をねじ込んだ小旅行です。
しかーし…この頃の東北地方は、梅雨明けはいつなの?という連日雨模様の天気。各地で大雨による被害も出ているようで、実のところ直前まで行くかどうしようか悩みました。
ま、結局行くことになったわけですが…。
嬉しいことに、終日雨予報だったのが、出発直前になって晴れマークも出ました。
途中コンビニでボトルカバー付きのお茶をゲットして、いざ会津若松へ!

行きたいところはいくつかリストアップしていたので、駅前でバスの1Dayパス(1枚500円)を購入。これだと観光地を巡回するバス「あかべぇ」と「ハイカラさん」どちらも1乗車200円するのが1日乗り放題になるのです。
最初の目的地は、飯盛山です。白虎隊自刃の地で、彼らのお墓のあるところです。
長ーい登り階段の脇には、たくさんのアジサイが咲き乱れていました。墓地付近には、ヤマユリも。
この時は「天気予報のウソつき!」と叫びたくなるほど日差しが照りつけ、晴雨兼用の日傘が役立ちました。で、後々のことを考えて、ここは動くスロープを利用。1Dayパスを見せることで、いくらか割引になりました。
飯盛山ヤマユリ
飯盛山には国指定重要文化財の「さざえ堂」もあり、こちらもたくさんの観光客が訪れていました。古〜い建物で独特の雰囲気を放っていましたが、本当に不思議な建物ですね。
さざえ堂さざえ堂内部
宮泉銘醸雨が降り出す前に鶴ケ城を見に行こうと、飯盛山で買ったササミ串カツを頬張りながらバスに乗り込みました。

…が、ガーン!鶴ケ城に着いたところで雨が降りだし、鶴ケ城会館に避難したところで豪雨に!!
時間も時間だったので、ひとまず昼食を摂ることに。ここでは、温玉とおつゆのセットメニューでわっぱ飯をいただきました(さっき串カツ食べたのにね…)。
会館内でおみやげなど見ていたものの、一向に雨が止む気配がなく、予定変更。
酒造歴史館のある宮泉銘醸をチラ見しつつバス停に移動、会津武家屋敷に向かいました。

事前にあまり調べて行かなかったのもありますが、なぜか屋内施設と思い込んでいた武家屋敷。しっかり屋外施設でした。そして、予想外に広かったです。幸いなことに、ここでは雨が小止みに。小一時間ほどかけて、ゆっくり見て回りました。
出口に向かう途中、ぐるりと囲われた塀の一部に「ここから鶴ケ城が見えます」と札が掛けられていました。覗いて、ズームで撮影したのが下の画像です。
会津武家屋敷遠くに鶴ケ城
そうそう、武家屋敷敷地内の会津天満宮でも、アジサイがたくさん咲いていました!雨が似合う花ですが、できれば晴れてほしい…。
さて、この後はどうしよう?となり、とりあえず「御薬園」に行ったのですが、再び雨が激しくなってきたため入園+飲物&デザートセット券で、ティータイムに。ここと鶴ケ城は、明日リベンジですね。
会津天満宮御薬園でティータイム
御薬園を後にして、再びバスに乗り七日町駅に向かいました。駅カフェをはじめ、この辺はレトロな雰囲気のある商店街で、晴れていたらもっとよかったのになぁ…。右下は、「昭和なつかし館」の一室。暗かったので、非常に画質が悪いのですが…うん、昭和だね。
七日町昭和な室内
会津そば
結局、一日目はここまで!
一旦ホテルに戻り、夕飯は駅ナカで。
温かい麺、ジュウネン(エゴマ)のタレでいただくつけ麺、そしてめんつゆを掛けて…と会津そば尽くしです。天ぷらと郷土料理の「こづゆ」もついて、お腹いっぱい!

ホテルの部屋で、明日の計画を立ててから寝ることにします。
タグ:
posted by 庭主 at 13:12| Comment(0) | 雑記帳

2013年07月01日

つれづれ旅日記・3

【三日目】
二泊三日の旅行最終日は、群馬のアンディ&ウイリアムスボタニックガーデンに行きます。
ただ、天気予報の降水確率40パーセントなのが気になる…と思っていたら、ガーン!目的地を目前にして降り出してきました(T.T)
前二日間、どうにか凌いできただけに、ショック!仕方ないですけどね…。
折り畳み傘をさして入場口に行ったら、大きい傘の貸出があったのでお借りして撮影に挑むことにしました。

一枚目は、ダヴコートガーデン。ダヴとは、ハトのことです。奥に鳩小屋が立っています。
右は、見事なアーティチョークの花。
130626_713.jpg130626_771.jpg
下左は、シークレットガーデン。アーチをくぐるたびごとに異なるシーンが現れ、とても素敵なガーデンでした。恨めしいのは、本降りの雨ですね(x_x)
右は、サンカンガーデン(沈床花壇)。池で、雨の降り具合がわかるかも…。
130626_795.jpg130626_1025.jpg
広いコニファーガーデンもありました。右は、ウッドランド&レイク。晴れていたら最高だったろうなぁ…。
130626_929.jpg130626_1112.jpg
天気予報は弱い雨だったのに、一向に止む気配のない本降り状態。メゲずに撮影してきましたが、やはり雨粒が写り込んでいるものが多かったです。いつかリベンジしたいですね。

花と緑と庭とお城、そしてガンダムの二泊三日小旅行はこれにて終了!
3分の1は眠っていて、3分の1は移動に費やされた旅でしたが、たまにはこんな旅も良いでしょう。
さて、次はどこに行こうかなー?
posted by 庭主 at 11:50| Comment(0) | 雑記帳