2012年11月29日

カエデ、モミジ

カエデ、モミジ(Acer palmatum)
別名:イロハモミジ、メープル
All About ガイド記事 【深まる秋に、モミジを楽しむ】、【剪定枝で作るリース・2種】、【庭素材で、ゆらゆらモビールを作ろう!】、【葉拓を作ってみよう!

青龍紅枝垂れ


左の‘青龍’、右の‘紅枝垂れ’、ともに鉢植え管理のモミジ。
寄せ植えの素材になったり、イベントに駆り出されたりの働き者です。

猩々野村猩々野村
‘猩々野村’は、寄せ植え素材だったもの。左が鉢植えの頃、右は地植え後の茂った状態。

ネグンドカエデ珊瑚閣
左のネグンドカエデもイベント用だったもの。右は、一番初めに我が家に植えられたモミジ‘珊瑚閣’。枝が紅いのが特徴です。
カエデ、モミジは種類が多く、葉の姿や色も様々。芽吹きの鮮やかな色や紅葉を楽しむことができ、庭木としても馴染み深い植物ですね。
クラフトの材料になったり、お料理に添えられたりと、暮らしの中にも取り入れられています。

モミジの種そんなカエデ、モミジ、おしまいの画像は、記事中でも紹介しているプロペラ型をしたモミジの種です。
これで、クルクルと宙を舞って飛んで行くのです。
親は地中に根を張って動かずとも、その子孫は風に乗って移動し、広まっていきます。
植物の智恵には驚かされますね。
タグ:庭木
posted by 庭主 at 20:47| Comment(0) | 我が家の植物図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: